いざというときに役に立つ!種類や料金・手配方法まで斎場の雑学をご紹介

こちらのサイトは、いざというときに役立てることができる、お葬式の豆知識や雑学をご紹介しています。
葬儀を取り込なう場所でもある斎場には種類がいくつかあること、費用や手配方法などについても触れています。
また、希望に合う施設の選び方や手配の方法、予約の仕方などにも触れていますし、お葬式のタイプ(一般葬や家族葬など)により選ぶべき施設が変わるなど、分かりやすく解説しているので参考にされることをおすすめします。

いざというときに役に立つ!種類や料金・手配方法まで斎場の雑学をご紹介

従来のお葬式というと、自宅やお寺でなどで執り行うケースが多かったけれども、最近は公営や民営などの斎場の利用が一般的になっています。
斎場はお葬式を行う施設の総称で、その種類についてご紹介しているので参考にされると良いでしょう。
なお、斎場の中には火葬場を持つ施設もあるのですが、火葬場がある斎場の場合は移動する手間がないメリットがありますし、予約などは葬儀社を決めることでその会社が段取りを行ってくれるので安心です。

公営の斎場は利用料金が安いのが魅力

祖父母や親が亡くなった際、必ず葬儀を実施しないといけません。
1980年代頃までは自宅でおこなう一般葬が基本スタイルでした。
この場合、家族と町内会の方々がお手伝いをしてくれるのですが、接待に時間が掛かったり、現在では自治会がないという点でおこなえなくなりました。
それに代わって誕生したのがメモリアルサービスで、どなたでも利用をすることが可能です。
斎場は2つの構成で存在をしており、民営と公営に分けることが可能です。
簡単に後者の公営について見ていきましょう。
斎場を各市町村が運営を行っているスタイルのことを際しており、市民が利用することを前提としているものです。
つまり、市の公共サービスのひとつになるので利用料金がとてもお安いのが魅力となります。
1日貸し切りをおこなった際の相場は、約4000円です。
民営では実現できないお値段となるので、多くの方々がこちらを利用されるのもうなずけます。
斎場の数も多く予約がしやすいです。

火葬場併設の斎場は移動の負担が少ない

火葬場併設の斎場は、移動の負担が少ないという利点があります。
斎場とは要するにお葬式を行う式場のことですが、火葬場が併設されていない場合、葬儀が終わった後にどうするかはしっかりと考えておかなければなりません。
基本的に葬儀は家族や親族の他、友人や知人、会社関係者とか近所の人なども参列されることがある一方、火葬場には家族や親族などごく限られた人だけが行って最後のお別れとお骨上げをすることになります。
火葬場まで離れている場合、遺体は霊柩車が手配されるでしょうが、家族も含めてそこに同乗できる人数は限られていますし、そもそも霊柩車は行きだけであって帰りまで送ってくれるわけではありません。
マイカーやタクシーなど交通手段を考えておく必要があるわけです。
高齢の人がいるような場合、それなりに交通手段に配慮していたとしても、移動が負担に感じられることもあるでしょう。
火葬場併設の斎場であればこのような問題はなくなります。

人気がある斎場は予約が取りづらいこともある

斎場と言っても、全国各地にさまざまです。
斎場を予約したいと思っても、人気のあるところだと予約が取りづらいこともあります。
そのことから、希望する日時にできないということも考えられるのです。
そうならないためにも、できるだけ予約を取れるところを利用するのが良いと言えます。
ネットで検索すれば、どこが人気で利用するのが難しいか容易にわかります。
そのこともあって、斎場を利用する際には事前にしっかりと確認するようにしてください。
そうすれば、希望する日時にしっかりと行うことができます。
大切な家族や親族の葬儀ですし、できる限り希望する場所で行いたいはずです。
そのためにも、どこ斎場ならば利用しやすいかを前もって調べることをおすすめします。
家族や親族の方が亡くなってバタバタするとは思いますが、知り合いからの情報やネットをうまく活用するのも手です。
最後のお別れを済ませ、悔いなく過ごせるようにしてみてはいかがでしょうか。

民営の斎場は機能が充実していることが多い

どなたでも必ず経験をすること、それは葬儀です。
親から祖父母など、家族を構成しているといつかは故人となるのは避けては通れないものです。
以前は故人が生前生活をしていた自宅で葬儀・告別式を実施するのが基本でした。
親族から隣近所の方が列席をされるのですが、その挨拶や接待などをする負担が問題視をされいたものです。
いまでは専用のメモリアルホールがあり、ここを活用されるのが基本となりました。
斎場は大きくわけて2パターンあり、公営と民営に分けることが可能です。
簡単に後者の民営の斎場のポイントをご紹介しましょう。
まず高級な内装と立派な建物でサービスを展開しているところが大半を占めています。
そして館内には宿泊場所もあり、自由に利用をすることが可能です。
斎場と宿泊が結びつかないと思われる方もいらっしゃるでしょうが、理由は遠方から足を運ぶ親族が滞在できるようにという配慮です。
この点は公営では実現・実施ができないところです。

斎場に関する情報サイト
お葬式の豆知識

こちらのサイトは、いざというときに役立てることができる、お葬式の豆知識や雑学をご紹介しています。葬儀を取り込なう場所でもある斎場には種類がいくつかあること、費用や手配方法などについても触れています。また、希望に合う施設の選び方や手配の方法、予約の仕方などにも触れていますし、お葬式のタイプ(一般葬や家族葬など)により選ぶべき施設が変わるなど、分かりやすく解説しているので参考にされることをおすすめします。

Search